banner

お葬式の謝礼

基礎葬儀料金や付帯費用以外にも、お葬式には料金の支払いが必要になります。それはお経をあげるために呼んだ僧侶などの宗教従事者に支払う費用が存在しています。この料金も比較的高くなっているので、大体25万円ぐらい必要になることが多いのです。お経をあげるだけでもこれだけ高い費用を取られてしまうため、宗教従事者を呼ばないというケースもあります。しかし、亡くなった人を供養するためには欠かせないことでもあるので、できれば呼ぶべきでしょう。

この25万円という費用もあくまで目安になっているので、もっと安い費用で来てくれることもありますし、もっと高い費用が必要になる場合もあります。よくお葬式のプランを設けている葬儀屋もあるのですが、プランの中にはかなり安い料金になっていることもあります。この場合、宗教従事者を呼ぶことになっているのであれば、本当にこの料金で全て完了するのかを必ず確かめておくべきです。そうしないと後になってから提示していた料金の何倍も取られることもあるので注意しましょう。

残念ながら、世の中には悪徳葬儀屋も存在しているので、料金を明確に提示していたとしても、後になってから請求額が増えることもあります。一般的なお葬式と同じことを行なうのに、100万円を切っているような金額になっている場合には、必ず確認が必要になります。頼むときにこの料金以外にもこれだけ必要だとあらかじめ提示してくる葬儀屋であれば問題ありませんが、こちらから質問してもきちんと答えないような葬儀屋を利用するのは止めておいた方が良いでしょう。

宗教従事者の支払金額に関しても、通常は通夜や告別式、初七日までの読経料、車での移動料金などが含まれています。場合によっては戒名料も含まれる場合があります。このように料金形態を詳しく説明してくれるのが一般的です。事前に説明がない場合には必ず質問をしておきましょう。そのためには、宗教従事者へ支払う料金がどのような内訳になっているのかを知っておかなければいけません。このように、お葬式にはいろいろな料金が必要になりますので理解しておきましょう。

Copyright©2018【お葬式にまつわるお金の話】 All Rights reserved.