banner

お葬式の付帯費用

お葬式を行なうためには、一式に必要な費用だけではなく付帯費用も必要になります。付帯費用というのは、参列者をもてなすための費用なのですが、基本的に親族に対して食事を提供するための費用や、参列者にお清め塩を用意するために費用だと考えておけば良いでしょう。お清め塩はそれほど高い費用は必要ありませんが、接待の費用は比較的高くなってしまうことも珍しくはありません。香典を持ってきてくれた上に葬儀にも参列してくれた人に、粗末な食事は提供できません。

ある程度豪華な食事が必要になることから、通常はお寿司を頼むケースが多くなっています。参列者の数にもよるのですが、食事の費用だけでも10万円前後は必要になるのが一般的です。付帯費用は食事だけではありません。他にも返礼品を用意する必要があるので、これには20万円前後必要になる場合が多いのです。やはり食事の費用と同様に、参列している人数によって大きく異なるので、もっと安く抑えることもできますし、もっと高いお金が必要になるケースもあるでしょう。あくまで目安の金額になっているので、参考程度に見ておいてください。

付帯費用はお葬式一式に必要な費用のように、できる限り安くするということが難しいですし、安くしようとすれば参列者に対して失礼になるので、経費を削るべきところではありません。ただし、参列者の数が少なければそれだけ付帯費用を減らすことができるでしょう。一般葬の場合には、家族以外にも親戚一同や友人、知人なども参列することがあるので、大人数になるケースもあります。

逆に家族葬にしてしまえば、ほんの数人しか参列しないことが多いので、一式費用もある程度減らせますし、付帯費用に関してはかなり減らすことが可能になるでしょう。これはお葬式に必要な一式の費用でも同じことが言えるのですが、家族葬にすれば香典が減ってしまうことから、必ずしも良い選択だとは言えません。どのような葬儀を行なうのかは、自分ではなく故人の遺言を優先するべきでしょう。近年はあまり残された家族に負担をさせたくないと願う人が多いので、このような場合には家族葬がおすすめです。

Copyright©2018【お葬式にまつわるお金の話】 All Rights reserved.