banner

お葬式費用を減らす方法

亡くなる直前は病院にいる場合が多いので、医療費の支払いも行なわなければいけません。そうなるとお葬式に出せる費用もある程度限られてしまうので、少しでも安い料金でお葬式をしたいと希望する人もたくさんいます。故人もあまり負担をかけたくないからと言って、お葬式を安く済ませるように遺言する人も多いでしょう。では、どのようにしてお葬式の料金を安く済ませることができるのでしょうか。

その方法はいくつかあるのですが、家族葬にすることで費用を抑えることができます。家族葬は告別式やお通夜を分けて行なうことがないのでその分費用が抑えられますし、呼ぶ人も少なくなっていることから、接待に使用するお金もあまりかかりません。家族のみで行なう場合には、特に接待をする必要もないのでかなり節約することができるでしょう。近年は節約志向の家庭も増えてきていますが、中には生活保護で生計を立てている人もたくさんいます。このような場合、葬祭扶助制度というのを利用することができます。

このような制度を利用する方法もあるのですが、現時点では行われている制度であるものの、今後は廃止されてしまう可能性もあるので、必ず事前の確認が必要になります。国民健康保険に加入している人の場合にも、葬祭費を数万円受け取ることができるのですが、このような制度があることを知らない人もたくさんいるでしょう。しかも、これは2年以内に申請しないといけないので、どのような補助が受けられるのかも知っておく必要があるのです。

現在では生命保険などに加入する人が多くなっていますが、保険の中にも葬儀の費用を賄える種類が存在しています。どれぐらいの保険金が利用できるのかは、加入する保険の種類によっても異なっているので加入前に理解しておきましょう。僧侶を呼ぶ場合には、通常費用を抑えるのは難しいのですが、寺院手配サービスという制度を導入している葬儀屋に頼むことで、多少ではあっても安い料金で手配が可能になります。しかも、檀家になる必要は一切ないので安心して利用できるでしょう。

Copyright©2018【お葬式にまつわるお金の話】 All Rights reserved.